FANDOM

WelcomeEdit

Hi, I'm an admin for the Vocaloid Lyrics Wiki community. Welcome and thank you for your edit to Una gran debilidad! If you need help getting started, check out our Song Article Guideline or contact me or another admin here. For general help, you could also stop by Community Central to explore the forums and blogs. Also, please note that not all English translations can be added to this wiki, for reasons further discussed in the Translation Guidelines.

Please leave me a message if I can help with anything. Enjoy your time at Vocaloid Lyrics Wiki!

ElectricRaichu (talk) 21:26, September 28, 2019 (UTC)

Ah, well, I can mark it for deletion but I don't have admin editing privileges, so someone else will have to delete it when they're online, thanks for letting us know tho! ~Raine

About TranslationsEdit

Hey,

Thank you for adding a translation to the トリガール (Trigirl) page! I have (hopefully only temporarily) removed it, as part of the rules in our guidelines on translations. We remove all translations from translators we do not know so they can be checked by a native Japanese person. This is done to make sure that the translation is reliable. Sorry for the confusion this might have caused, but I hope this message clears things up a bit. If it does not, don't be afraid to reach out! Thank you for reading this message and I hope you have a nice day =). Amandelen (talk) 20:13, October 4, 2019 (UTC)

Oops nevermind I just noticed that the translator is Gao, whose translations can be added here. My bad! I'll add the translation back immediately! Amandelen (talk) 20:14, October 4, 2019 (UTC)

Images and LicensingEdit

Hey,

Thank you for adding those pages! Just a quick note: please don't forget to choose a license when uploading an image (the first option, Fair Use, should be the right one for the images you uploaded). If you're not sure how to do that, please read the second paragraph of this section of the article. I've already added a license notice to the files you've uploaded up until now, so you don't have to go back and add them there.

Thank you for reading this message! I hope you have a nice day =). Amandelen (talk) 20:25, October 22, 2019 (UTC)

Ah, okay! I left it blank because I wasn't sure what was applicable. I used screenshots from the official crossfade video, and it was just common sense that the wiki wouldn't get in trouble for that but I wasn't sure why, legally speaking.Aruo (talk) 20:50, October 22, 2019 (UTC)Aruo

Translations Edit

If you have a link to a translation, you can add it to a comment on this blog post. One of the translators might be able to check it. ElectricRaichu (talk) 21:20, November 26, 2019 (UTC)

Right, thanks! I deleted my comment because I found the link. I think we should link to that page in the English translation guidelines, so it'll be a bit easier to find.

Wantarou Edit

Hey, not Amandalen, but if you'd like I could transcribe that song for you! Since I'm doing some other songs too. SolarTwT (talk) 22:26, January 25, 2020 (UTC)

Sure! Also what is this about an automatic lyrics organizer 👀 I haven't heard of that before.. SolarTwT (talk) 22:48, January 25, 2020 (UTC)

OH MY GOD!! This is why you should check guidelines I regret not doing that now....thanks, this is going to save me so much time TvT SolarTwT (talk) 00:35, January 26, 2020 (UTC)

Hey! The lyrics and romaji. Change the formatting if you want to :)

冬の空蒼ざめた白い雲が
ひらひらと舞い降りて雪晶(かけら)落とす
振り切って走っていく 夜の中へ
風は止み 月が道照らす

まるでこの世界と 逸れたみたいだ
僕はどうしようもなくて
得意なはずの絵も うまく描けずに
一人で俯いていた

儚げな声 「どうしたの?」
僕は 驚いて
座ったまま 上目遣いで顔を上げた
落ち込んだ僕の顔を見て 笑った君は
その消えそうに白い腕で僕を街へと
連れだした

「こんなに綺麗な世界が僕のことを待ってたんだ」
そう気づくと悩んでいたのも
馬鹿らしく思えたんだ
初めて見た訳じゃない街が新しいと
君がいるから
たぶんそんな風に感じたんだろうな

降り続いた雪は景色を彩る
消えないよう写し取った
得意な顔をして みせたいけれど
なぜかどこにも
君の姿が見えないんだ

冬の空蒼ざめた白い雲が
ひらひらと舞い降りて雪晶(かけら)落とす
振り切って走っていく 夜の中へ
光が指し示す 方で
君を見つけた
降る雪が そっと
止んだ

さよならも言えないままに
君はそっと夜に溶けた
最後に見た 君の横顔は
笑ってくれた気がした

季節が過ぎ去るみたいに
突然訪れた
君との別れ 寂しいけれど
振り向かないで 歩いて行くんだ
その時そっと
冷たい風が吹いた

fuyu no sora aozameta shiroi kumo ga
hirahira to maiorite kakera otosu
furikitte hashitteiku yoru no naka e
kaze wa yami tsuki ga michi terasu

marude kono sekai to soreta mitai da
boku wa doushiyou mo nakute
tokui na hazu no e mo umaku kakezu ni
hitori de utsumuiteita

hakanage na koe "dou shita no?"
boku wa odoroite
suwatta mama uwamezukai de kao o ageta
ochikonda boku no kao o mite waratta kimi wa
sono kiesou ni shiroi ude de boku o machi e to
tsuredashita

"konna ni kirei na sekai ga boku no koto o matteta nda"
sou kizuku to nayandeita no mo
bakarashiku omoeta nda
hajimete mita wake janai machi ga atarashii to
kimi ga iru kara
tabun sonna fuu ni kanjita ndarou na

furitsuzuita yuki wa keshiki o irodoru
kienai you utsushitotta
tokui na kao o shitemisetai keredo
naze ka doko ni mo
kimi no sugata ga mienai nda

fuyu no sora aozameta shiroi kumo ga
hirahira to maiorite kakera otosu
furikitte hashitteiku yoru no naka e
hikari ga sashishimesu hou de
kimi o mitsuketa
furu yuki ga sotto
yanda

sayonara mo ienai mama ni
kimi wa sotto yoru ni toketa
saigo ni mita kimi no yokogao wa
waratte kureta ki ga shita

kisetsu ga sugisaru mitai ni
totsuzen otozureta
kimi to no wakare sabishii keredo
furimukanaide aruiteiku nda
sono toki sotto
tsumetai kaze ga fuita

No prob! It's a really good song, if there isn't a translation available I might request someone for one :)

Re: About this wiki's proceduresEdit

Hello,

Thank you for your questions! I'll try to answer them as best as I can.

1) While not manditory, unsung text can be added. They're sometimes added to the page, but are coloured or marked to indicate that they're spoken. Feel free to add them if you want!
2) You're correct, when possible alternate names should be used. As of right now we haven't run into two producers with the same name that didn't use alternate names anywhere, so there is no procedure in case there are no alternate names. The alternate name should be one that the producer uses (or used) online, so preferably their name on NND, YouTube, piapro, Twitter, or the like. In this case I think U_104P would be best I think, but it doesn't matter very much.
3) I don't normally take requests (especially not ones where I need to transcribe the lyrics), but since this seems urgent I will. If you make a page for the song and add a WIP template I'll add the lyrics.

I hope this helps! If you have any other questions don't be afraid to reach out! Amandelen (talk) 22:37, January 25, 2020 (UTC)

I got your message about the lyrics. Good luck with making the page! Amandelen (talk) 22:38, January 25, 2020 (UTC)

Re: FormattingEdit

Hello,

I've changed the template around a bit. You should now be able to colour those parts of the lyrics using <span style="color:HEXCODE">. I hope this helps! If you still have problems with the lyrics, feel free to message me again! Amandelen (talk) 17:35, January 28, 2020 (UTC)

Romaji Edit

Hi, lemme just say that I'm not an expert on romaji either XD But this is what I think -

>nanto kanacchau< -> nantoka nacchau
>da shi< - ok
>maketenai shi< - ok
>nannai< - ok

If you need further clarification, I would suggest asking Raichu :) Hope this helps!

SolarTwT (talk) 18:50, January 29, 2020 (UTC)

Re: Correcting wordingEdit

Hello,

Thank you for asking! It's probably a good idea to get it checked just to make sure that some line's meaning isn't changed like you said. You're free to add something like "with grammar corrections by Aruo" if you want after the fact! Amandelen (talk) 12:26, February 7, 2020 (UTC)

Transcription Edit

No problem! Sure, you're welcome to leave links for trascription, but I can't guarantee I'll finish them quickly. As you've noticed, Raine usually leaves some songs that need new pages, but I haven't been able to get around them since I've been busy recently :( Anyway, depending on the songs difficulty I might finish them quicker so, feel free to leave some! SolarTwT (talk) 04:33, February 17, 2020 (UTC)

Re: Ghost supplementEdit

Sure! Feel free to omit them. Amandelen (talk) 15:13, February 17, 2020 (UTC)

Adding categories Edit

I noticed your question to Amandalen. There are ways you can add a category that doesn't exist yet.

If you click on EDIT, you can select Categories from the drop-down menu. It let's me add a new category so hopefully it should work for you too.

If that doesn't work for you, select Source Editor from the drop-down menu and at the bottom of the page, you can add a line with the code, "Category:" followed by the new category name all enclosed in double square brackets. You can look at the source code of any other page to see how it should look.

When the page is saved, the new category should appear at the bottom. You can then click on the category and it should let you create it and add a description for it.

ElectricRaichu (talk) 23:29, March 3, 2020 (UTC)

Right, but those are the methods I'm saying don't work...--Aruo (talk) 23:32, March 3, 2020 (UTC)

Re: How to create category pages?Edit

Hello,

Sorry for the wait. When you try to make a category manually (i.e. "Category:(NAME)") and you navigate to that page, does it not show an option to create it at the top right of the page? Just asking to get a better insight in what the problem might be. Meanwhile, does it help if you add "?action=edit" to the URL when you try to create the category? Amandelen (talk) 09:42, March 4, 2020 (UTC)

Ah like that. Sorry, I misunderstood your question. Fandom has the annoying tendency to only start showing categories in the category suggestions once it has been online for a day or so. To add it to the page anyway, you could try the following steps:
  • Copy the name of the category
  • Paste it in the category-addition tool on the right of you page when editing and press enter.
Hopefully this solution works. If it does not, feel free to message me again and I'll try to think of another way to add them. Amandelen (talk) 13:29, March 5, 2020 (UTC)

Transcription Edit

Hi! I checked the text at 1:48 and if they are all like that, it shouldn't take too long! As for the screenshots, if you have them already that would definitely make things easier. Otherwise, just the time stamps of the texts you want transcribed will do! SolarTwT (talk) 22:20, March 5, 2020 (UTC)


1.
「面白いじゃない。
いいわ、だったら何度も、あの女を殺してあげるわ。
何度も、何度も、何度も、何度も!」
そうやって、間違え続けるわ。
楼閣はそう言った。
そう言って、笑うのだ。

2.
おっと、ここで一時停止するだなんて君も随分良い反射神経をしているね。
実を言うと此処は散々長文を打ってきた主がちょっと飽きtゲ フンゲ フン
ーーもとい、ちょっと息抜きをする為に作られた場所なんだ。
あ、興味無かったら見なくても大丈夫だよ、大した事書かないから。
此処を見ているという事はもしかして、他の文章も見てきたのかな?
そうだとしたら大変光栄な事だ、ありがとう。
打っている最中に漢字がゲシュタルト崩壊してさて文字を見るのが嫌になったり、
「あれ、平仮名の『は』」ってどうやって書くんだっけ? 」ってちょっとヤバイ感じ
になっただけあったっていう訳だ。
物を書くという事柄上、いろんな事を調べたり、見たりして名称、詳細な名前、ど
ういう用途か、どういう歴史があるのか、エトセトラエトセトラ…
そういう「『知る』という行為が必要になってくるのだけど、
ーーあれ、うそ。え、もう終わり?まだ話したい事いっぱいあるんだけど! ?


3.
『 』は口元を歪ませる。
「伺を言っているのか、意味が分からないわ。
弟なら此処にいるじゃない。」
そう言って『 』は白衣を着た男性を一暼する。
「ふふ、xxxxつたら、まだ起きないのかしら」
『 』は笑う。
狂ったように笑うのだ。
狂っている。
終わっている。


4.
『聞いてくれない』」のではな。
彼女は『聞こえていない』のだ。
『見てくれていない』」のではない。
『見えていない』のだ。
この少年は、
この、xxxxは、
僕の推測が正しいとするならば、
彼はもう既にーー。


5.
カルテをデスクの上に置いた。
そして側の丸椅子へと腰掛ける少女へと向き直る。
長い灰色の髪、異国の少女を思わせる赤い瞳、白い肌。
どこか宗教めいた雰囲気を感じる服装に身を包んだ少女に、私は柔らかな口調で語りかけた。
「それじゃあ、始めようか」
少女は抱える様に持っている (何だかよくわからない生物の) 人形と、アルバムを持つ手に力を
込め、笑顔で数度頷く。
「君は一一」
「弟はね、お薬が嫌いなの」
あぁ、またか。
私は心の中で軽く舌打ちをし、頭を抱えた。
少女の後ろ、診察室の入り口付近に立つ看護婦を私は睨みつけた。
看護婦は何も言わず、残念そうな表情で首を横に振る。


6.
「弟? 腹には弟さんがいるのかい?」
私は質問する。
少女は意外そうな、不思議そうな、まるで、『私が何を言っているのか意味が分からない』、と
いった表情を見せる
「何を言っているの? ここにいるじゃない」
そう言って彼女は私に、ボロボロになった (よく見ると猫の様な生物だ) 人形を突きつける。
弟、弟、弟、ねぇ• • • 。
確かに、経歴を見てみる限り、彼女には存在している。
しかし、その第はもう一一。
「は、ははは・・・、そうか、時可愛らしい弟さんだわね」
私は引きつった笑顔で、なんとかその感想を絞り出した。
その感想を聞いて、少女は本当に、本当に嬉しそうに笑う。
そして誇らしそうに、
「ええ、 当たり前でしょう?
私の自慢の弟なのだから ! 」
少女は、そう言って、笑うのだ。
現実から目を背け、笑うのだ。


7.
初めて少女と会った時の印象は「よく笑う子」だった。
本当に、いや本当に、喜怒哀楽の喜だけに数値が振り切れた様な性格で、
まるで「怒哀楽」の部分が存在しないかの様に、
其れ等の感情を、殺す様に、
虐殺するかの様に、
彼女は、何時も笑っているのだ。
性格は天真爛漫で、思った事をそのまま口にするタイプだ。
人当たりが良く、面倒見も良い。
きっと『こうなって」しまう前の彼女は、多分、とても良い環境と家族に恵まれていたのだろう。
私は、そう思った。


8.
「それじゃあ、今日の診察は終わりだ」
私は穏やかな口調で、そう言った。
少女はきょとんとした表情で私の顔を見つめる。
「もうお終いなの?
お話していただけの様な気がするのだけど」
あぁ。
私は短くそう言った。
そして、心の中にドロリとした気持ちの悪い感情が溢れるのを感じた。
「いいんだ、それで、診察は、終わりなんだ」
抑揚を少しだけ殺して、私はそう言った。
多分、彼女はこの言葉の真意を理解する事はないのだろう。
「君、送ってあげなさい」
看護婦にそう告げると、看護婦は頷く、少女を促した。
「先生」
診察室を去る間際、少女は一度此方を振り向き、呼びかけた。
「なんだい?」
私は笑顔で尋ねる。
「私の『病気』は、治るの?」
彼女は、そう言った。
私を、私の目を、真っ直ぐ見ながら、
そう言ったのだ。

「あぁ、治る。絶対だ」

私は笑顔でそう言って見せた

笑顔で 嘘を 吐いたのだ

感情を殺して 言ったのだ


9.
燃え盛る教会の一室。
何処かで聞き覚えのある少女の笑い声。
腕。
腕?
僕の胸、心臓の当たりを腕が貫通している。
細い、少年の手だ。
振り向く。
「ダメじゃないですか、ちゃんと死んでくれないと。
『繰り返せなくなる』」じゃないですか」
xxxx。
口元を歪に歪める。
呼吸が上手くできない。
なんで? どうして?
何かが口から溢れる。
血。


10.
少女の症状は日に日に悪化していく。
『いない筈の弟』との会話。
きっと彼女の記憶は二年前で止まっているのだ。
きっと二年前から、彼女は、『止まったまま』」なのだ。
異常だ。
この街では狂った人間なんて、そう珍しくも無いけれども、
私が今まで見てきた人間の中で群を抜いて彼女は狂っている。
しかし、彼女は笑うのだ。
狂っていないと。
狂っている筈がないと。
そう思わせるほどに、純粋に、無垢に、可憐に。
彼女は、笑うのだ。
だから私は、彼女を助けなければいけない。救わなければいけない。
感情を殺してでも、
そう、『私」を殺してでも。


11.
違う。
違ったのだ。
勘違いた。
勘違いをしていたのだ。
『彼女」。じゃない。
『彼」だったのだ。
この「異常』は、
このニ十年前の修劇の焼き直しは、
狂ってしまった姉は、
全て『彼」が作り出したのだ。
『焼き直し』。
『焼いて』「『繰り返す』
姉に会うために。
狂ってしまった姉の、最後の記憶を。
彼は二十年間、ずっと繰り返し続けていたのだ。


12.
『徴慢王』」は六連装式の拳銃を『 』へと突きつける。
「生者の殺しは私の管轄ではないのですけれども」
そして小さく、諦めた様に息を吐く。
「仕方無いですね。
「暴食王」さんは女子供には優しい御方ですし」
「 」は訳が分からないといった表情で、ただ呆然と、額に突き付けられた銃口を見つめていた。
「さようなら、「 」。
私の、いえ、世界の為に、『もう一度死んでください」
引き金にかけた指に力が込められる。
私は叫んだ。
「ーーーーー ! ! !」
声は、銃声にかき消された。


13.
楼閣は聖書を閉じる。
ぱたん。
「その結果、彼認がどうなろうと私の知った事ではないわ」
表情を変えず、顔色を変えず、楼閣は言った。
でも、そうね。
形骸は何かを言おうとするが、楼閣の言葉がそれを遮った。
「もしかすると、散歩がてら、偶然、本当にたまたま、『過去とけじめをつけ』に行くかもしれないわね。
その結果、彼奴が助かってしまったら、それは致し方ない事よね」
顔色を変えず、楼閣はそう言った。
表情を変えず、楼閣はそう言った。


14.
「本当、お前は素直じゃないな」
形骸はそう言って煙草の火を灰皿に押し付けた。


15.
xxxx。
x。
罰。

楼閣は自気味に笑う。
「此れは、此処は、私が犯した『罪」そのものだと言ったけれど」
燃え盛る炎。
崩れ落ちていく一室。
少年。
少女。
死に損ない。
なりそこない。
力無く、彼女は笑った。
諦めた様に。
悟った様に。
「貴方は、私に対する『罰』そのもの、私は、貴方を受け入れるわ」
なりそこないの少女は、そう言って笑うのだ。
「だから、ごめんなさい。 xxxx。
貴方は『此処』にいてはいけないの」


16.
「目を・・・目を覚ましてくれ!
君の、君の弟はもう死んでいるんだ !
二年前の、あの教会で、君の弟は死んだんだ ! 」
それでも、それでも彼女は笑う。
本当に、よく笑う子だ。
彼女は言った。
「何を言ってるの?
第なら此処にいるじゃない・・・此処に」
それでも、それでも彼女は笑う。
ボロボロになった人形を、きつく抱き締めながら。
「此処にいるのよ、 此処に、
いる筈なのよ、いないとおかしいのよ、
ねぇ、ねぇ?ねぇ、ねぇ、ねぇ?ねぇ?ねぇ?」
彼女は聞いた、笑いながら、目から大粒の涙を流しながら、彼女は聞いた。
「私の、私の弟は何処なの ?」

4:18 to 4:28

「彼は、会う事が出来たのかな ?」
捌番街の外れ。
玖番街と捌番街の境目に存在する、鬱蒼とした森。
その中を歩く二人組の男女がいた。
その内の片割れの一人、僕は誰に言うでもなく言った。
「何言ってるの、会えないからああなったんでしょ」
もう一人、楼閣は表情を変えずに言った。
「ぃや、その…天国ってやつでさ…」
ばつが悪そうに僕は言葉を濁す。
彼女はふん、と何時もの様に鼻で笑ってみせた。
「何言ってるの。
あるわけないじゃない、天国なんて。
死んだら、それで、終わりなのよ」


「知らない事を、知っている御話」


「人間っていうのは、どうしてそうも死後の世界の在り方について拘るのかしら ?
私からすれば、死後よりも、生前、何を遺せたか、という方が大事な気がするのだけれど」
ごもっとも。
僕は苦笑いをした。

教会の裏手には墓地が広がっていた。
おそらく20年前から誰も手入れをしていないのだろう、墓地は荒れ果てていた。
僕と楼閣はく歩いた。
目的の墓を探して、歩いたのだ。
やがてニ人は一つの幕の前で立ち止まった。
そして驚き、目を見開き、息を飲んだ。
「…それでも、やっぱり、僕は信じたいんだ」
僕と楼閣が見つめるソレから視線を外さずに、
僕は少しだけ笑って言った。
「自己満かも しれないけれど、気休めかもしれないけれど、僕は、信じたいんだ」
墓の前には一人分の白骨化した遺体があった。
ボロボロになった (なんだかよく分からない生物の) 人形と、ボロボロになったアルバ
ムの様な物を抱えて。
その慕の前で眠る様にして、その遺体は横たわっていた。
「二人は天国で会えた、って」


「あんなに辛い目に遭ったんだ、
最後くらい、幸せになってもいいだろ?」
僕は墓に手を添えて、言った。
「…ふうん、まあぁ、いいんじゃない ?
さっさとやる事を済ませましょう?」
ああ。
僕は頷いた。
今一度、僕は遺体と、墓を一暼し、少しだけ笑んだ。
墓にはxxxxの名前が刻まれいていた。


「幽霊の」
新聞を広げながら、形骸はコーヒーを明る僕に向けて言った。
「少年は、もういないのか?」
質問の意味が分からず、僕は思わず黙った。
「ぃや、公園でお前が「『少年だ』」 と言って紹介してきた時。
俺には、見えなかったんだ」
「は?」
思わずその言葉が口をついて出た。
「だから、見えなかったんだ。少年が。
だから、その、なんだ…俺はてっきりお前がおかしくなったんだと…」
形骸は申し訳なさそうに、新聞の向こう側で言葉を濁す。
「おかしくなった、って…え ? 本当に見えなかったのか?」
短い肯定の返事が返ってくる。
確かに、冷静に考えれば、あの時は知らなかったけえrども、xxxxは本当に「『幽霊』」だったのだ。
そうか、見えなくて当たり前なのだ。
彼の姉が、彼を認識できなかったように。


「それで、」
形骸は続けた。
「もう、いないのか ?」
僕は訝しげな表情をする。
暫しの無言、形骸のノイズの音だけが聞こえる。
ややあって、僕は口を開く。
「随分と彼の事を気にするな?
彼はもう成仏したよ、ここには、もう、いない」
再び暫しの無言。
僕はコーヒーを一口啜った。
「そうか」
ため息混じりに形骸は言った。
「形骸、まさかーー一」
「それは無い」
形骸は言った。
「いや、でもーー」
「それは無い」


呼び鈴が鳴った。
一回、二回。
三回。
「お客さん、みたいだけれど ?」
僕は形骸に言った。
「自分で出ろ」
いや、ここはお前の事務所兼家だろ?
僕はその言葉を飲み込んで、椅子から立ち上がった。
未だ鳴り続ける呼び鈴に、若干苛つきながらも僕は玄関へと向かう。
「はいはい、今出ますよ」
ノブに手をかけ、捻る。
玄関が開かれると、僕は全身が凍りつく様な感覚に陥った。
腰まで伸びた銀髪、赤い瞳。
どこか宗教めいた雰囲気を感じさせる服装。
少女だった。
それも、見た事のある様な。
彼女はポロボロになった (なんだかよくわからない生物の) 人形と、アルバムを抱えていた。
「ここが『「なんでも屋」さんだって聞いたのだけれど」
僕は嫌な予感を感じながらも、首を縦に振った。
少女はすぐでに顔をパッと明るくすると、弾んだ声で言った。


愛の形を教えてくれ


「弟を探しているの !
私によく似た子で、私の唯一の家族なの ! 」
少女は笑顔で言った。
「だから、弟を探すのを手伝って欲しいの ! 」
僕は苦笑した。
その笑みは多分、どこか引きつっていたと思う。
どうやら僕は悉く、
幽霊に縁があるらしい。

後日談 終

犯行前夜恋愛未遂

犯行前夜

此れにて御終い

Here are some of the text from the earlier time stamps. Sorry if the order is messed up, I took screenshots at the same time and didn't note the timestamps TvT SolarTwT (talk) 23:03, March 6, 2020 (UTC)

Update: I've bolded the kanji I'm not sure about. SolarTwT (talk) 05:49, March 7, 2020 (UTC)

Update: I've skipped some parts with cut-off/blurred texts. Other than that, this is all I have. If there's something I missed, please let me know. On another note, I didn't transcribe this myself. I used an OCR reader, this one specifically. Usually if there's a wall of text with recognisable/legible font like in this case, OCRs are really helpful. They're not always 100% accurate so you need to proof-read it and make the necessary corrections. Hope this will be helpful in the future, if you haven't heard of it already :) SolarTwT (talk) 18:34, March 7, 2020 (UTC)

Great! I hope it'll be helpful to you in the future. Also only two kanji are bolded, one at 15, and the second one on the 4th paragraph from 4:18 to 4:28. SolarTwT (talk) 00:47, March 12, 2020 (UTC)

Re: Trouble with redirectsEdit

Hello,

Thank you for your question! I think the problem is that you're supposed to put the page title as a redirect and not the whole URL. So like this. Does that work? If it does not, feel free to message me again! Amandelen (talk) 08:26, April 1, 2020 (UTC)

CALLING Edit

keitai denwa o nigirishimeta manma de
kare kore mou ichi jikan nayande iru no
dousa wa kantan tada yubi de fureru dake
nani doushite sore ga dekinai de iru no?

mukashi to kurabete sumaato ni natta jidai
nani mo kamo ga konpakuto ni kawatte iku no
dakedo mou koigokoro wa kitto itsu no jidai mo
kawaranai mama sou ima no watashi no you ni

furueru yubisaki ga pasuwaado o nazotte yuku
doushiyou ki ga tsukeba mata yo ga akeru

CALLING CALLING
kimi e to tsunagatte iku yo My heart throbbing now
CALLING CALLING
tasukete! kikoeru kooru on
CALLING CALLING
chokusetsu ienai watashi wa I'm so chicken girl...
CALLING CALLING
yurushite kyou koso tsutaeru wa

naze watashi yuuki dashite kimi ni kaketa no ni
zatsudan de ocha o nigoshite iru no kashira ne
kotoba wa mou nodo no sugu soko ni kiteru no ni
doushite tomadou no mune ga kurushiku naru no

sorosoro tsutae na kya
demo demo...kono! ikujinashi!
doushiyou denwadai ki ni natte kita

CALLING CALLING
jikan wa kagiri ga aru no yo Please hurry! Stop time!
CALLING CALLING
benri na gojusei da keredo
CALLING CALLING
kokuhaku dake wa kantan ni nara nai no
CALLING CALLING
anata ga, ...anata ga suki desu

CALLING CALLING
henji wa kangae sasete ne ...sou da yo ne
CALLING CALLING
kondo wa kimi kara, ni naru ne

CALLING CALLING
watashi to onaji furueteru keitai ga
CALLING CALLING
henji o, henji o matteru no

SolarTwT (talk) 03:54, April 22, 2020 (UTC)

Hello! I don't really take requests but if you want I could transcribe the Japanese lyrics using the romaji given above. I don't really mind transcribing given that I don't have to do it too frequently. Amandelen (talk) 12:57, May 10, 2020 (UTC)

携帯電話を握り締めたまんまで
かれこれも一時間悩んでいるの
動作は簡単 ただ指で触れるだけ
なのにどうしてそれが出来ないでいるの?

昔と比べとスマートなった時代
何もかもがコンパクトに変わっていくの
だけども恋心はきっといつの時代も
変わらないまま そう今の私のように

震える指先が
電話番号(パスワード)をなぞってゆく
どうしよう 気がつけば
また夜が明ける...

CALLING CALLING
君へと繋がっていくよ
My heart throbbing now!
CALLING CALLING
助けて!聞こえるコール音
CALLING CALLING
直接言えない私は
I'm so chicken girl...
CALLING CALLING
許して 今日こそ伝えるわ

なぜ私 勇気出して君にかけたのに
雑談でお茶をにごしているのかしらね
言葉はもう喉のすぐそこにきてるのに
どうして戸惑うの 胸が苦しくなるの

そろそろ伝えなきゃ
でもでも...この!意気地なし!
どうしよう 電話代気になってきた

CALLING CALLING
時間は限りがあるのよ
Please hurry! Stop time!
CALLING CALLING
便利なご時世だけれど
CALLING CALLING
告白だけは簡単にならないの
CALLING CALLING
あなたが、
...あなたが好きです

CALLING CALLING
返事は「考えさせてね」...そうだよね
CALLING CALLING
今度は君から、になるね

CALLING CALLING
私と同じ 震えてる携帯が
CALLING CALLING
返事を、返事を待ってるの

Here it is! Amandelen (talk) 13:38, May 10, 2020 (UTC)

Re: Can't post translations for checkingEdit

Hello! I figured out what was wrong. Fandom's layout just changed and they've added a checkbox when editing blog posts called "commenting" which allows you to instantly disable comments. I didn't know that this was its function, so I unchecked it without knowing it would disable the comments orz. You should be able to comment again now. Sorry for the inconvenience! Amandelen (talk) 20:32, May 22, 2020 (UTC)

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.