FANDOM


はしゃぐ君の後ろ姿
微笑んで呟いた
また明日も合えるかな?
吐息に紛れ音が止む

重ねられた段ボール箱
見上げ軋む床の音
最後の一箱だけ
未だに閉じられないまま

このまま
全て消えてしまう
わけじゃないから
でも今
君にこの想いを伝えずに
どうすりゃいいんだ!

FLY! FLY! FLY!
って飛び出した
今は
Cry! Cry! Cry!
泣いてもいいよ
そんで
Try! Try! Try!
また歩けはいい
立ち止まることは悪くない

いつか
辛い辛い辛い
別れが来て
みんな
BYE! BYE! BYE!
って離れても
僕ら
Sky! Sky! Sky!
同じ空で
繋がって笑って紡いで行くんだ

笑いあった喧嘩もした
大嫌いは嘘だった
寂しくなるねと俯いた
君の顔に涙溢れてた

このまま
全て消えてしまう
わけじゃないから
でもなぜ
君と過ごす時が
霧に溶けてゆく

大人はゴミだと
笑いつづけてた
授業内容そんなもん
意味なんてないさ
廊下は走るな
呪文みたいな標語
ぶつから奴らが
どんくさいだけさ

時間は無限と
思いつづけてた
寂しさも苦しさも
寝て起きりゃ無いさ
でも今無くなんだ
思い知らされた
鮮明な記憶が
今の宝物

FLY! FLY! FLY!
って飛び出した
今は
Cry! Cry! Cry!
泣いてもいいよ
そんで
Try! Try! Try!
また歩けはいい
立ち止まることは悪くない

いつか
辛い辛い辛い
別れが来て
みんな
BYE! BYE! BYE!
って離れても
僕ら
Sky! Sky! Sky!
同じ空で
繋がって笑って紡いで行くんだ

BYE! BYE! BYE!
ねまたいつか
ここへ
FLY! FLY! FLY!
飛んでくるよ
そこで
Laugh! Laugh! Laugh!
笑い合おう
だから今は
忘れないように
無くさないように