FANDOM


Thirst
Song title
"thirst"
Original Upload Date
Feb.5.2017
Singer
VY1
Producer(s)
shima (music, lyrics)
Fukawa Yamane (illust)
Views
19,000+ (NN), 2,700+ (YT)
Links
Niconico Broadcast / YouTube Broadcast


LyricsEdit

Japanese Romaji English
死にたくならないように shinitaku naranai you ni
弱さを鎖で繋いでいく yowasa o kusari de tsunaide iku
誰も触れず腐っている dare mo furezu kusatte iru
海に複製のガラスを投げた umi ni fukusei no garasu o nageta
漂白した世界は hyouhaku shita sekai wa
罪だけが意識を欠いている tsumi dake ga ishiki o kaite iru
夢の中でさえも yume no naka de sae mo
僕は悪夢に支配されて boku wa akumu ni shihai sarete

藍に塗れて ai ni mamirete
何が悲しいというのか nani ga kanashii to iu no ka
華にもなれないの hana ni mo narenai no
惨めさだけが溢れてきて mijimesa dake ga afurete kite
僕はこのまま boku wa kono mama
悲哀に縋って生きるのか hiai ni sugatte ikiru no ka
息もできなくて iki mo dekinakute
悪意の夜に溶けて消えていく akui no yoru ni tokete kiete iku

灼熱の永遠に shakunetsu no eien ni
水をさしては渇いていく mizu o sashite wa kawaite iku
ヒステリックになっている hisuterikku ni natte iru
彼の網膜の光が閉じて kare no moumaku no hikari ga tojite
漂白した世界で hyouhaku shita sekai de
罰だけが意識を欠いている batsu dake ga ishiki o kaite iru
夢の中でさえも yume no naka de sae mo
ピアノの音が響いていく piano no oto ga hibiite iku

愛に焦がれて ai ni kogarete
何が悲しいというのだ nani ga kanashii to iu no da
忘れ去られた wasuresarareta
過去の記憶に苛まれて kako no kioku ni sainamarete
僕はこのまま boku wa kono mama
悲哀に縋って生きるなら hiai ni sugatte ikiru nara
喉を引き裂いて nodo o hikisaite
這う鳥になって底に堕ちている hau tori ni natte soko ni ochite iru

哀に溺れて ai ni oborete
僕の感性が剥がれていく boku no kansei ga hagarete iku
赦されるならそばにいさせて yurusareru nara soba ni isasete
渇く言葉を kawaku kotoba o
吐いたあなたの嘘にのまれて haita anata no uso ni nomarete
銀の花を肌に纏い gin no hana o hada ni matoi
美しく悲劇を演じて utsukushiku higeki o enjite
肥えた殺意の模倣 koeta satsui no mohou
憂いに濡れた花が枯れていく urei ni nureta hana ga karete iku

奪われてしまうまえに ubawarete shimau mae ni
抉りとってしまえばいい eguritotte shimaeba ii
色気付いた支配欲で iroke tsuita shihai yoku de
私に教えてよ watashi ni oshiete yo

奪われてしまうまえに ubawarete shimau mae ni
抉りとってしまえばいい eguritotte shimaeba ii
色気付いた支配欲で iroke tsuita shihai yoku de
私を殺してよ watashi o koroshite yo

External LinksEdit

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.