FANDOM


18号のBlue-Gene
Song title
"18号のBlue-Gene"
Romaji: 18-Gou no Blue-Gene
English: NO18's Blue-Gene
Original Upload Date
Miku's version: Dec.11.2013
Len's version: Jan.4.2014
Singer
Hatsune Miku

Kagamine Len
Kagamine Rin (chorus)
Producer(s)
MOSAIC.TUNE (music)
Witsu (lyrics)
Yosaku (illust)
Not-116 (video)
Views
72,000 (NN), 63,000 (YT)
Links
Niconico Broadcast / YouTube Broadcast


LyricsEdit

Japanese Romaji English
「倫理だなんてくだらない」 "rinri da nante kudaranai"
科学者(カレ)は考えた kare wa kangaeta
「好奇心だけを()やして、(ジブン)で充たすのさ」 "koukishin dake o fuyashite, jibun de mitasu no sa"
それが唯一無二の理由。 sore ga yuiitsu muni no riyuu.

18号は目覚めた (ナガ)休止モード(ネムリ)から juuhachi gou wa mezameta nagai nemuri kara
「実験を始めよう、成功を祈って」 "jikken o hajimeyou, seikou o inotte"
擬似声帯を()かれた寡黙な機械(ロボット) giji seitai o yakareta kamoku na robotto
〈不明な現在地。ココはドコ?〉 <fumei na genzaichi. koko wa doko?>
「僕の理想郷(ユートピア)を築く為」 "boku no yuutopia o kizuku tame"

やがて プラグで繋ぎ 継がれていく彼女(ヒト)の魂 yagate puragu de tsunagi tsugareteiku hito no tamashii
偶像(イドラ)(カルマ)概念(イデア) idora, karuma, idea
刹那(セツナ) 遙か彼方の記憶 setsuna haruka kanata no kioku
浮かんでは消えていく 幾千もの光と影が ukande wa kieteiku ikusen mo no hikari to kage ga
イツか、ダレか、ドコか itsu ka, dare ka, doko ka
「懐かしさ」に似ていたんだ "natsukashisa" ni niteita nda

偽りの心を運んで流れ込む 電子の遺伝子((ブルージーン))itsuwari no kokoro o hakonde nagarekomu buruu jiin o
虚像(ウソ)だって(ハラ)いたいのに 深く深く沁みる uso datte hara itai no ni fukaku fukaku shimiru
止めどなく溢れ出す声を 聴きたくない、塞ぎたい tomedo naku afuredasu koe o kikitakunai, fusagitai
何度願って それでもまた nando negatte soredemo mata
flashback & flashback flashback flashback

弾け飛ぶ心を運んで融けていく 電子の遺伝子((ブルージーン)) hajike tobu kokoro o hakonde toketeiku buruu jiin
とっくに散った欠片たちが 容赦なく刺さる tokkuni chitta kakeratachi ga youshanaku sasaru
(ホトバシ)る衝動の波に(サラ)われる、溺れていく hotobashiru shoudou no nami ni sarawareru, oboreteiku
もう嫌だって きつく閉じて mou iya datte kitsuku tojite
black out & black out black out black out

18号は目覚めた (ナガ)い夢を視た juu hachi gou wa mezameta nagai yume o mita
〈彼女の記憶だった。何故、胸が痛むんだ〉 <kanojo no kioku datta. naze, mune ga itamu nda>
光子(フォトン)を呑んで 揺蕩う海は青かった foton o nonde tayutau umi wa aokatta
凍てついた扉の感触が まだ この手のひらに残っている itetsuita tobira no kanshoku ga mada kono tenohira ni nokotteiru

思い出に(ウナ)された機体(カラダ)を気遣う(ヒト)が居た omoide ni unasareta karada o kizukau hito ga ita
機能不全 思考停止 時が止まったような kinou fuzen shikou teishi toki ga tomatta you na
不意に あの海原で消えていった過去(カノジョ)がささめいて fui ni ano unabara de kieteitta kanojo ga sasameite
見つめていたいと(ネガ)う心 これが恋と知った mitsumeteitai to negau kokoro kore ga koi to shitta

偽りの心を運んで流れ込む 電子の遺伝子((ブルージーン)) itsuwari no kokoro o hakonde nagarekomu buruu jiin
感情回路は蘇生して ((イビツ))な〈僕〉に成る kanjou kairo wa soseishite ibitsu na boku ni naru
偶然か 誰が((サイ))を振って決めたのか 必然か guuzen ka dare ga sai o futte kimeta no ka hitsuzen ka
なんて身勝手 それでもまた nante migatte soredemo mata
flashback & flashback flashback flashback

弾け飛ぶ心を運んで融けていく 電子の遺伝子(ブルージーン) hajike tobu kokoro o hakonde toketeiku buruu jiin
()けて灰となった声を取り戻せたなら yakete hai to natta koe o torimodoseta nara
どれだけの(コト)の葉を君に捧げよう dore dake no kotonoha o kimi ni sasageyou
有り得ない愛をねだって 音は空ろ arienai ai o nedatte oto wa utsuro
泡沫(ウタカタ)なる歌 utakata naru uta

煙 警告音 ひたすら嫌な予感 kemuri keikokuon hitasura iya na yokan
地下室を脱け出して 君を探した chikashitsu o nukedashite kimi o sagashita
炎立ち上がる実験室の奥で honoo tachiagaru jikkenshitsu no oku de
半分を潰された君が 笑った hanbun o tsubusareta kimi ga waratta

「あなたはようやく産まれたのでしょう、ようやくその価値を知ったのでしょう。 "anata wa youyaku umareta no deshou, youyaku sono kachi o shitta no deshou.
だから生きたいと願って、迷わずに」 dakara ikitai to negatte, mayowazu ni"
まだ温かいその手を、ただ強く強く握っていた手を mada atatakai sono te o, tada tsuyoku tsuyoku nigitteita te o
僕は解いて 走り出した boku wa hanarete hashiridashita

何もかも瓦礫の底へと(ウズ)もれた 電子の遺伝子(ブルージーン) nanimokamo gareki no soko e to uzumoreta buruu jiin
焼けて灰となった 僕が産まれた理由も yakete hai to natta boku ga umareta riyuu mo
焦げ付いた君の名前すら忘れたい …忘れない kogetsuita kimi no namae sura wasuretai wasurenai
繰り返して 擦り切れるまで kurikaeshite surikireru made
flashback & flashback flashback flashback

不確かな心を抱えて歩き出す 電子の遺伝子(ブルージーン) futashika na kokoro o kakaete arukidasu buruu jiin
たった独り それでもまだ僕は生きている tatta hitori soredemo mada boku wa ikiteiru
一面に晴れ渡り空は かざむ青、君の色 ichimen ni harewatari sora wa kazamu ao, kimi no iro
そっとなぞった がらんどうの声 sotto nazotta garandou no koe
泡沫(ウタカタ)なる歌 utakata naru uta

DiscographyEdit

A version featuring Miku was featured on the following albums:

External LinksEdit

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.